グリーン・アべンチュリン(Green Aventurine)
和名: 砂金石 グリーン・アべンチュリン

グリーン・アべンチュリンとは
石英に緑色のクロム雲母が混ざった半透明の石。

石のエネルギー: 平和の石
グリーン・アベンチュリンは平和や心のやすらぎ、優しさいエネルギーを放つ石。グリーン・アヴェンチュリンを身につけた人の疲れたり堅くなった心の緊張をほぐし、純粋で清らかな気持ちを蘇えられてくれるといわれています。

神秘な性質
healing stoneとしてグリーンアべンチュリンの放つ平和的なグリーン光線は疲れた魂を癒します。平和的な瞑想に効果的です。
ハートのChakura(チャクラ)に働きかけます。
 
 
そして最後に・・・。
 
本日は最後まで読んで下さってありがとうございました。
何かしらお役に立てた様であれば、下のバナーをクリックして頂けます様、何卒ご協力よろしくお願いいたします。
 
| ”か行”ではじまる石 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
クンツァイト(Kunzite)
クンツァイト(クンツアイト)
Kuntzuite

ヒーリング・ヒーリングストーン・パワー・エネルギー・意味
石のエネルギー: 寛大な石 
力強く明晰なエネルギーをクンツァイト(クンツアイト)は放っています。
クンツァイト(クンツアイト)を身につけることによって、持ち主に不安の要素がなくなり自分に対する自信が生まれ他人に対して寛大になります。新しいことに挑戦するときにもクンツァイト(クンツアイト)はサポートしてくれるとされます。

クンツァイト(クンツアイト)とは
リチウムを含み、淡いピンクからライラック色のものまでをクンツァイト(クンツアイト)と呼ぶ。
緑色のものをヒッデナイトと呼ぶ。
今世紀になって鉱物学者ジョージ・クンツによって、アメリカ・コネティカット州で発見された新しい石。
主な産地は、ブラジル、アフガニスタン、マダガスカルなど。
クンツァイト(クンツアイト)は日光で退色するので暗所に保管。

神秘な性質
クンツァイト(クンツアイト)のエネルギーは主に人の感情・精神に作用し、バランス化します。
自分が満たされることによって初めて他者を許し、受け入れることが可能になります。「全てはひとつ。」といった宇宙意識の実現・実行するための勇気を与え、サポートします。
healing stoneとして感情・精神をなだめ、ほぐし、安定させる。
太陽神経叢・ハートのChakura(チャクラ)に働く。

ジュエリー唐々創的コメント
一般的に宝飾品用に研磨された石のエネルギーはお行儀が良過ぎる傾向にあります。 エネルギー的には宝飾用に研磨された石よりも原石(ラフ)のままの状態の石の方が力強いエネルギーを放っています。 この原石の石は頭部のエネルギーセンターに直接的に働きかけます。
 
 
そして最後に・・・。
 
本日は最後まで読んで下さってありがとうございました。
何かしらお役に立てた様であれば、下のバナーをクリックして頂けます様、何卒ご協力よろしくお願いいたします。
 
| ”か行”ではじまる石 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
銀(Sliver) 
銀 シルバー 925
SilverRng
ヒーリング・ヒーリングストーン・パワー・エネルギー・意味

エネルギー: 滞在意識の象徴 (月のエネルギーの象徴)
月に象徴されるように、非常に繊細で受動的な性質です。
誰にでも等しく平等に働きかけることはなく、銀(シルバー)に惹きよせられた人にのみ働きます。銀を身につけた人の感受性を高め、宇宙の神秘・智恵を授け、潜在能力をくみ出す助けとなるエネルギーを放っています。そのため持つ人の情緒に強く作用するので、本人が混乱している時などはかえってストレスとなります。

宝石言葉: 純粋・曇りのない良心・智恵

銀(シルバー)とは 
主な産地は、メキシコ、スペイン、アメリカ、カナダなど。
銀(シルバー)は金と違い、自然界から自然な塊として発見されることが少ない金属。
すでに石器時代から方鉛鉱を溶解することによって純銀を取り出す方法が知られていた。そのため、古代の一時期はその抽出法の難しさから金より銀の方が尊ばれた。
古代エジプトでは金に、銀(シルバー)のメッキをしたほど。
銀(シルバー)は月の金属とされ、「したたり落ち月の油」と言われている。
狼男やドラキュラや魔女は純銀の弾丸でしか倒せない。
ただし、硫黄に弱いので温泉では必ずはずすようにして下さい。

伝承・効能
感受性を高める伝導体の役割をするとされています。

神秘な性質
滞在意識の波動と共鳴します。
銀(シルバー)は宝石たちと結びついて、宝石のエネルギーを誘導し人の直感レベルでの働きを強める助けをします。特に水晶系の石の働きを強く誘導し人の肉体・感情レベルでの浄化・矯正を推し進めます。
銀(シルバー)の持つ柔らかいエネルギーは多くの人に受け入れ易く、その意味では金よりも人の感情的な潜在意識に働きかけることが可能です。しかしながら銀は微細でソフトなエネルギーを放っているため、強力なあるいは高い波動を放つ宝石と銀を結びつけることは少し難しいです。(その際は宝石の組合せで可能となります。)

ハートのChakura(チャクラ)を静める働がある。

占星術的には月のエネルギーと共鳴

 
そして最後に・・・。
 
本日は最後まで読んで下さってありがとうございました。
の何かしらお役に立てた様であれば、下のバナーをクリックして頂ける様、何卒よろしくお願いいたします。
 
| ”か行”ではじまる石 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
<< | 2/2PAGES |