<< 大理石(Marble)  | main | アべンチュリン(Aventurine) >>
サファイア(Sapphire) 
和名: 青石 サファイヤ
SaphireRng

ヒーリング・ヒーリングストーン・パワー・エネルギー・意味
石のエネルギー: 智恵の石
智恵と愛が備わった石。
サファイヤを身につけた人の気持ちが昂ぶるのを鎮め(神経が高揚している時はクールダウンさせてくれます。)てくれます。また、常に理知的に冷静に対処する事を助けてくれるます。直感を研ぎ澄まし、意識レベルの上昇を促すように静かに力強く働きかけます。サファイヤと同調し共鳴する事によって、理想の生き方のヒントがインスピレーションをとおしてもたらされるといわれています。サファイヤの様な澄んだ冴えた意識で現実の世界を見通し、人生の大きなチャンスや運命的な出会いを本能的にキャッチするようなります。

宝石言葉: 徳望・誠実・慈愛

誕生石: 9月の誕生石



サファイヤとは
ルビーと同じコランダムという鉱物。赤いもの以外は全てサファイヤと呼ばれます。チタニウムの酸化物が含まれると青いサファイヤとなる。
サファイヤの語源はギリシャ語の「sapheiros・青」に由来。
主な産地は、タイ、スリランカ、ビルマ、インド、ケニヤなど。
ローマ時代には現在のラピスラズリを「サファイヤ」と呼んでいました。
古代のベルシャ人たちは「地球は巨大なサファイヤの上で休んでいて、その反射で空が青い。」と考えていました。
「聖なる者」の意味を持ち、聖職者が身につけました。
古代の国王は危害や嫉妬から身を守るための護符として身につけた石。
サファイヤは眼病や伝染病の薬として、また解毒剤としても使用されました。
毒蜘蛛の入った箱に極上のインド・サファイヤを入れると、蜘蛛はコロリと死んでしまったと言う。
サファイヤは真実、誠実、正直さの象徴。そのためエンゲージ・リングに好まれました。中世の貴族達の間でサファイヤは「愛の証」とされた。
贈られた恋人が心変わりをすると、サファイヤの色が変わるといいます。
”ドゥ・サフィール”、上質のサファイヤで恋人の心変わりを調べる作法。
ロンドン・ケンジントン博物館にある「不思議なサファイヤ」もドゥ・サフィールに使われた石。
極上のサファイヤはカシミールと呼ばれるもので、「コーンフラワー・ブルー」(矢車草の青)と形容されます。

伝承・効能
  • 解毒。
  • 古来よりの石薬では粉にしたサファイヤは苦いが、風邪と憂鬱を治すという。
  • 恋人の心変わりを調べる石。
などと言い伝えられています。

神秘な性質
宇宙意識の愛と意思と智恵の結晶。聖母マリアのエネルギー。
サファイヤから放たれる青い光はサファイヤに引き寄せられる人の魂を愛で祝福します。
サファイヤの象徴「知性・理性のエネルギー」で人の内に渦巻く混乱と不必要な妄想、恐れを一掃します。魂の落着いた人の内に、今度は純粋な洞察と直感による宇宙の智恵を与えてくれます。サファイヤは宇宙の智恵と、求める魂の繋がりを強めます。そして、宇宙の智恵を現実の三次元・物質世界に下ろし、その知恵をスピリチュアルな知識としてではなく現実の生活の中で具体的に生かせるように強力にサポートします。
ハート・第3の目のChakura(チャクラ)に有効。
占星術的には土星と水星のエネルギーに共鳴。

淡い色のサファイア 
瞑想に適する。
スターサファイア
SaphireStar 
人の精神に働きかけ直感を研ぎ澄まし正しい想念の形成を助け物理的なレベルで表現する助けをする。
イエローサファイア 
オーラの浄化に働く。
SaphireOrange
★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

ジュエリー唐々創的コメント

特にブルーサファイヤは高揚し過ぎで張り詰めた状態を沈め、理知的で落ち着いた状態へのリカバリーを助けてくれる石です。
その一方で、サファイヤと翡翠(ヒスイ)を組合せるとハートのエネルギーセンター(ハートのチャクラ)に強力に働き掛けるエネルギーが強まります(そこにエメラルドをプラスさせるとさらに強く…)。
活性化させるのが一番難しいと言われているハートのエネルギーセンター。"ハートのエネルギーセンターの活性化=「オープンなハート」"は人類共通の課題です。
「対人関係」・「過去の経験から来るハートのトラウマ」など日常レベルからより深遠な課題まで応用の利く最強の組合せかも知れないと思うこの頃です。(June4/08)

追記1: Coolな印象を演出したい時にはサファイヤが一押しです。


 
そして最後に・・・。
 
本日は最後まで読んで下さってありがとうございました。
何かしらお役に立てた様であれば、下のバナーをクリックして頂ける様、何卒よろしくお願いいたします。
 
| ”さ行”ではじまる石 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://stones.karakaraso.com/trackback/431675
トラックバック