<< 大理石(Marble)  | main | アべンチュリン(Aventurine) >>
トルマリン(Tourmaline)
和名: 電気石 トルマリン 
TourmRng
ヒーリング・ヒーリングストーン・パワー・エネルギー・意味
石のエネルギー: 治癒の石
基本的に全ての不均衡をバランス化させるエネルギーです。
近年ではトルマリンには電磁波の影響を弱める働きかがあるとされています。
トルマリンは色によって働きが変わる多芸多才な石です。
トルマリンを身につけた人の心と体のバランスを計るといわれています。
ピンクは、愛情に。青色が主なインディゴライトは知性に。緑のべルデライト/クロムは心・気持ちに。

宝石言葉: 思慮深さ・寛大・豊かな愛

誕生石: 10月の誕生石

トルマリンとは
ホウ素を含んだガスで出来た気成鉱物。複雑な構造を持ち様々な色を持つ石。
トルマリンは熱や圧力によって電気を生じるため、科学者が発光の強さや電圧を調べるのに使う石。
主な産地はブラジル、インド、タンザニア、アフガニスタン、アメリカ、ケニヤ、スリランカなど。
トルマリンの語源は新しく1703年にスリランカの古代シンハリ語の「turmali・混ざった石」から命名。
古くからオランダではトルマリンが電荷を帯びてゴミや灰を吸いつける知っていた様子。
トルマリンを"aschentrekker"と呼び、パイプを掃除に使用しました。
トルマリンは1つの結晶の中に単色、2色、3色と違う色を含むものがあります。
有名なものは、”ウォーターメロントルマリン”です。
スイカのように緑とピンク2色のトルマリンです。
TourmarineWatermelon
中でもネオン・カラーのブルー・グリーンをした”パライバ・トルマリン”は貴重な石です。1989年にブラジルで発見されました。
ParaibaTourmarine
パライバ・トルマリンのそのビビッドな発色は内包される金の働きによるものです。
その他も色によって呼び方が違います。
ルベライト(ビンク〜赤)
インディゴライト(黄色〜グリーン〜ブルー・グリーン)
ヴェルデライト/クロムトルマリン(上質の濃い緑:エメラルドと同じクロムを含む石)
パーティー・カラー(複数の色を含む石)
ブラック・トルマリン(黒色)

伝承・効能
磁場を安定させるため、電磁波を中和させる働きがあるといわれています。

唐々創的コメント:トルマリン

神秘な性質
トルマリンの一番の働きは地球の磁場のバランスを保つのに貢献しています。
詳細はトルマリンの色によって異なりますが、基本的には存在全ての極性を微調整し釣り合いを保たせるようにエネルギー的に働きかけているといわれています。
ウォーターメロン・トルマリン
持ち主のエネルギーの軌道を正します。
陰陽(プラス・マイナス/男性性・女性性)の乱れを正し、バランスを整えます。自然界において形が形成される時に働くエネルギーに作用します。
人の身体の新陳代謝と腺機能を自動的に調整します。
ピンク系(ルーベライト・トルマリン)
最も即効性のある穏やかな作用があります。
持ち主の感情のバランスをとり、洞察力と感性が高められます。献身的な衝動が正しく方向つけられ、強められます。
胸のセンター(ハートのチャクラ)のバランスをとります。
グリーン系のトルマリン
精神がバランス化させます。
持ち主の意思の発達が促され、強られ、魂の本来の表現・仕事に駆り立てます。
ブルー系(インディゴライト・トルマリン)
持ち主の感情と精神の調和をはかります。
人の「神性」を表現するための原動力となり、持ち主の具体的な活動をサポートます。
ブラック・トルマリン
ブラック系の石・結晶の中で唯一マイナスのエネルギーを蓄積しない宝石です。
ブラック・トルマリンの作用はマイナスの力を反射・そらす事にあります。
消極的なエネルギーを扱う仕事をしている人、犠牲になりやすいと思われる人に役立ちます。
TourmarineHeart
 
そして最後に・・・。
 
本日は最後まで読んで下さってありがとうございました。
の何かしらお役に立てた様であれば、下のバナーをクリックして頂ける様、何卒よろしくお願いいたします。
 
| ”た行”ではじまる石 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://stones.karakaraso.com/trackback/431600
トラックバック