<< 大理石(Marble)  | main | アべンチュリン(Aventurine) >>
クンツァイト(Kunzite)
クンツァイト(クンツアイト)
Kuntzuite

ヒーリング・ヒーリングストーン・パワー・エネルギー・意味
石のエネルギー: 寛大な石 
力強く明晰なエネルギーをクンツァイト(クンツアイト)は放っています。
クンツァイト(クンツアイト)を身につけることによって、持ち主に不安の要素がなくなり自分に対する自信が生まれ他人に対して寛大になります。新しいことに挑戦するときにもクンツァイト(クンツアイト)はサポートしてくれるとされます。

クンツァイト(クンツアイト)とは
リチウムを含み、淡いピンクからライラック色のものまでをクンツァイト(クンツアイト)と呼ぶ。
緑色のものをヒッデナイトと呼ぶ。
今世紀になって鉱物学者ジョージ・クンツによって、アメリカ・コネティカット州で発見された新しい石。
主な産地は、ブラジル、アフガニスタン、マダガスカルなど。
クンツァイト(クンツアイト)は日光で退色するので暗所に保管。

神秘な性質
クンツァイト(クンツアイト)のエネルギーは主に人の感情・精神に作用し、バランス化します。
自分が満たされることによって初めて他者を許し、受け入れることが可能になります。「全てはひとつ。」といった宇宙意識の実現・実行するための勇気を与え、サポートします。
healing stoneとして感情・精神をなだめ、ほぐし、安定させる。
太陽神経叢・ハートのChakura(チャクラ)に働く。

ジュエリー唐々創的コメント
一般的に宝飾品用に研磨された石のエネルギーはお行儀が良過ぎる傾向にあります。 エネルギー的には宝飾用に研磨された石よりも原石(ラフ)のままの状態の石の方が力強いエネルギーを放っています。 この原石の石は頭部のエネルギーセンターに直接的に働きかけます。
 
 
そして最後に・・・。
 
本日は最後まで読んで下さってありがとうございました。
何かしらお役に立てた様であれば、下のバナーをクリックして頂けます様、何卒ご協力よろしくお願いいたします。
 
| ”か行”ではじまる石 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://stones.karakaraso.com/trackback/431391
トラックバック