<< 大理石(Marble)  | main | アべンチュリン(Aventurine) >>
ガーネット(Garnet) 
和名: 柘榴石 ガーネット
Garnet

ヒーリング・ヒーリングストーン・パワー・エネルギー・意味

石のエネルギー: 忠誠をつくす石
ガーネットは人の良き理解者であり協力者です。
静かな情熱で全面的に持ち主をサポートしてくれる石だといわれています。
ガーネットを身につけた人の長所を伸ばすように働きかけてくれます。ガーネットを身につけると身体的にも活性化され健康で元気になるようエネルギーを与えてくます。

宝石言葉: 貞操・優雅・勝利

誕生石: 1月の誕生石



ガーネットとは
ガーネットにはサファイヤと同様さまざまな色があります。
岩の割れ目から見るガーネットの原石は柘榴そのものです。
主な産地、インド、スリランカ、アメリカ、オーストラリア、ハンガリー、南アフリカ、日本など。
ガーネットの語源はラテン語の「穀粒」に由来。
フランス語では「グルナ」、ラテン語の「グラ−ヌス」="ざくろ”を語源とする。
古代エジプトではガーネットをペンダントとして首にかけると暗闇でも物良く見えるといわれていました。
中世にはワインが疫病に効くとされていたので、ガーネットは疫病から身を守る護符とされた。
十字軍の兵士達は負傷しないためのお守りとして、また留守を守る妻たちの貞操を守る石とされていた。
ガーネットを持って旅に出ると、旅の安全が保証されると長い間、言い伝えられていました。
新大陸にはガーネットを額につけたモンスターがいて、生け捕りにすることができた者は富と幸福を手に入れるという言い伝えがありました。

ガーネットは宝石の名称ではなく、類似する化学組織の鉱物グループの総称です。
アルマンダイト・ガーネット(いわゆるガーネット色の暗赤色)
アルマンダイトの名前の由来は古代のトルコにあった宝石細工の町、アラバンダに由来。
アンドラダイト・ガーネット(黄色から茶色までの色)
アンドラダイトの名前の由来はポルトガルの鉱物学者にちなんで命名。
特にグリーン・イエローのものは「デマントイド」(古いドイツ語「デマント」=diamond)と呼ばれています。
グロシュライト・ガーネット(淡い緑色・無色)
西洋すぐりの属名「グロシュラリア」に由来。
別名、アフリカ翡翠、グーズベリー(=すぐり)・ストーン
パイロープ・ガーネット(アルマンダイトより淡い真紅)
ギリシャ語の「pyropos」=”ぎらぎら光る目”に由来。
南アフリカ産のすぐれたものは”ケープ・ルビー”といわれる。
ロードライト・ガーネット(赤紫色)
ギリシャ語の「rhodon(薔薇)」+「lithos(石)」。
スぺサタイト・ガーネット(オレンジ色)
別名、「スペサタイン」。
ドイツのスペサート地方にちなんでつけられた名前。
また、ハッキリとした濃いオレンジ・ジュースのような色をしたものは「マンダリン・ガーネット」と呼ばれます。
その他にも、セペッサルティン、ウバロバイトなどきりがありません。

伝承・効能
血流を良くして、体を活性化するとされる。

神秘な性質
(以下は研磨されたガーネットに当てはまる記述です。)
肉体に直接働きかける要素が強いのはパイロープ・ガーネットです。その色と同様の血中のヘモグロビンに作用し、エネルギーを与え、循環を正常にする働きがあるとされています。また生殖器系統にも働き、性ホルモンを刺激し活性化し、その働きを正常化します。
スぺサタイト・ガーネットも身体的に働きます。
アルマンダイト・ガーネットは再生と変性のエネルギーで人間の肉体と精神に働きかけます。
グロシュライト・ガーネットは赤い石へのエネルギーのバランス化、あるいは補足として働きます。単独で使用するより、赤い石との組合せで人間の陰陽のバランス化に役立ちます。
ロードライト・ガーネット(赤紫色)と緑色の石でも同じ効果があります。
healing stoneとしてリューマチ、関節炎、そのほか関節の炎症を鎮める効果があります。(赤色系)
根・ハートのChakura(チャクラ)に働きかけます。
占星術的には:
赤・明るいオレンジ色のガーネットは火星のエネルギーに共鳴。
深い赤・赤紫色は土星と冥王星のエネルギーに共鳴。
ピンク・黄色は木星と海王星にエネルギーに共鳴。
 
そして最後に・・・。
 
本日は最後まで読んで下さってありがとうございました。
何かしらお役に立てた様であれば、下のバナーをクリックして頂けます様、何卒ご協力よろしくお願いいたします。
 
| ”か行”ではじまる石 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://stones.karakaraso.com/trackback/431187
トラックバック