<< 大理石(Marble)  | main | アべンチュリン(Aventurine) >>
ラピスラズリ(Lapis Lazuli) 
和名: 瑠璃 青金石 ラピスラズリ
LapisRingヒーリング・ヒーリングストーン・パワー・エネルギー・意味

石のエネルギー: 宇宙の原質の石
ラピスラズリは宇宙の原色である藍色の母岩に金色の斑がさざめいています。宇宙の原質の秘密を秘めたエネルギーを静かに放ってます。
ラピスラズリの持ち主の心の曇り、邪念、嫉妬などマイナスのエネルギーを消し去り代わりに洞察力と知性と冷静さを与えるといわれます。
ラピスラズリを身につけていると幸運と成功をもたらす石と言われています。

宝石言葉: 真実・高貴・無垢

誕生石: 12月の誕生石

ラピスラズリとは
青い石のラズライト(藍方石)の一部。
主な産地は、アフガニスタン、チリ、ロシアなど。
ラピスラズリの語源は、ラテン語の「lapis・石」とアラピア語の「azul・青」に由来。
古代よりメソポタミア、エジプト、ペルシャ、ギリシャ、ローマ、日本など多くの国々でラピスラズリラズリは聖なる石とされてきた。
古代エジプトではマラカイトと並んで邪眼を防ぐアイシャドー(実際眼病予防・虫除け)として使用されている。
ファラオや司祭だけが身に付ける事が許された聖石。
主神オシリスに奉げられた石。
ラピスラズリはエジプト”死者の書”に死者の旅路を守る最強の石と記されています。
眼の形にラピスラズリを切り抜き、黄金で縁取った「ラーの眼」は最強の護符。
古代都市ウルでもラピスラズリの交易が盛んに行われ、「天空と水を象徴する石」として崇めていたといわれます。
モーゼの十戒もラピスラズリであったと伝えられています。
ヨーロッパにラピスラズリがもたらされた時、人々は「ウルトラマリン」と呼びました。絵の具のウルトラマリンは、長い間、黄金と同じ価格で売買されていたと言います。
愛の女神ヴィーナスに奉げられた石。
古代ローマでは恋人を守る石として、また媚薬として用いられました。
仏教では極楽浄土を飾る七宝石のうちの1つとされています。
日本にはシルクロードを経てもたらされたと考えられています。
日本では「瑠璃」と呼び東洋七宝の1つとされています。
魔除けの石として、空海の護符となっています。
ラピスラズリは群青色として顔料や岩絵の具に使われています。
薬としても古くから使われて、オデキ、便秘、憂鬱を治し、皮膚病、眼病、癲癇の特効薬とされています。
老化を防ぎ、肌を美しくする効果があるとも言われています。
悪霊のとりついた体から、悪霊を追い出してくれると信じられています。

伝承・効能
古来より石薬に使用されてきた石。
  • オデキ、便秘、憂鬱を治癒。
  • 皮膚病、眼病、癲癇の特効薬。
  • ラピスラズリの原石から放たれるオーラが肌を美しく保ってくれると言う。
  • 知性を高める石。
  • 色のセンスを良くする石。
  • 悪霊退散。
などと言い伝えられています。

神秘な性質
ラピスラズリはアトランティスの礎石の1つだったと言われます。
求める人に奇跡をもたらす石と言われています。
ラピスラズリは全ての人の内に存在する普遍的な愛を刺激し、美を表現するように働きかけます。目覚め始めた魂と肉体が調和・統合されるのをラピスラズリは助けます。個として完成・自立されるに従って、個を超えた豊かさを形つくる能力へ持ち主を導きます。
Healing Stoneとして、甲状腺を刺激し血行と新陳代謝を高めます。
第3の眼・クラウンChakura(チャクラ)を活性化。
Atlantisのエネルギーと共鳴。
占星術的には金星のエネルギーと共鳴。
 
 
そして最後に・・・。
 
本日は最後まで読んで下さってありがとうございました。
何かしらお役に立てた様であれば、下のバナーをクリックして頂けます様、何卒ご協力よろしくお願いいたします。
 
| ”ら行”ではじまる石 | 12:00 | comments(7) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
ラピスのことを色々と調べていて、貴サイトに辿り着きました。
現在シドニー在住の50歳です。最近になって天然石に出会い、手に乗せると石によって色々な反応が体にあわられるのに気づきました。
その中でラピスラズリ(六角中型のペンダントトップ)は強烈で、つけてしばらくすると心臓がドキドキし始め、だんだん慣れるだろうと思いながら半日つけていたのですが、動悸はずっと続いたままでした。(別に体調が悪くなるわけではありません。ただ動悸がずっと続くだけです)
購入したパワーストーンショップに話すと、「きっと大きすぎるのだと思う」と言って、小さなハート型に換えてくれましたが、それでも同じ。はずすと動悸が収まります。
日をかえ、時間を替えても同じ結果です。
ディープブルーが大好きなので、ショックでした。
そのショップオーナーは「あなたの過去の解決できていない問題をラピスが取り上げ、持ち上げてくる。そしてそれを解決しなさい、と正面から突きつける。当時の心のパニックを再現してしまうのだと思う。対処できないのなら、身につけないほうが良いね」と言って、効果の穏やかな他の石(ローズクウォーツ)と交換してくれました。(返品した石はショーケースには入れておられないようです)
石によって波動が違うのは気づいていますが(ビスマスを手に持つと胃の上部がぐぐっと暖かくなったり)、ラピスのこのすごさには驚嘆しました。
こんなことってあるのですね。。。。
黒石に惹かれるのでオプシディアンを考えていましたが、貴サイトを拝見して、考え直しました。ありがとうございました。
| June | 2011/06/12 9:47 AM |
Juneさん

コメントへの返信の順序が逆になりました。
水晶が地球の波動だとするとラピスラズリは宇宙の波動そのモノです。ラピスとアズライトは非常に似ています。事実、過去の歴史の中でラピスとアズライトは混同されてきました。
もともとjuneさんが石に対する感応が高いので石のエネルギーの違いに敏感なのだと思います。ですからラピスにより未消化の過去が浮上したというよりも、ラピス経由でキャッチしたエネルギーが強烈だったという事だと思います。
ラピスの置物でエネルギーに慣れるのも一つの方法だと思います。
そしてプロテクションというのであればブラック・トルマリンがオブシディアンの代わりにおススメ出来ます。
| Jewelry唐々創 | 2011/06/12 10:36 PM |
唐々創さま

お返事有難うございました。

全く仰るとおりで、ご指摘下さったように、ブラックトルマリンとの相性は最高、まるで森林浴をしているような心地よさを感じます。大きな石の連なったブレスをしているのですが、とても爽やかな気分になります。

手元にチャクラペンダントがあり、第5チャクラにラピスが入っています。
これを時々箱から取り出して、(胸にかけずに)手のひらに載せ、徐々に慣れるようにしています。
7つの石が互いにバランスをとっている(ような気がする)ので、ラピスだけそう凶暴にならないんじゃないか(笑)、と思いまして。
いつかラピスと仲良しになりたいので、少しずつ歩み寄ってくれるのではないかと期待しています。
| June | 2011/06/14 11:07 PM |
ブラックトルマリンはマイナスなエネルギーをかわしてくれます。それでいて安定感がありますから・・・。
エネルギーの主張の強い石は徐々に慣らしていく事でいつの間にか石と自分とのエネルギーの互換性が出来上がりますからね。

| Jewelry唐々創 | 2011/06/18 5:28 PM |
始めまして。
私もラピスラズリを観ただけで
動悸がします。

ストーン屋さんで
相性占いをしてもらい
勧めるられましたが
どうしてもダメみたいです。

行きなれないお店だからでしょうか・・・

ちなみに、ラピスラズリは
金が入っていて
穴が空いた丸い玉です。
大きさは12mmかなぁ
それだけでも動悸がします。

地球儀みたいで気に入ってるけど
動悸がします。

合わないんでしょうか・・・

| ひろみ | 2012/11/23 6:07 AM |
ひろみさん、

先日もラピスラズリにしようと思って弊社で石を探してお求め下さったお客様も、最終的にアメジストに決められました。

ご自身ではラピスラズリを・・・と思われて石を探されていたそうです。

私もラピスラズリの指輪を持っていますが、最近はなかなか身に付ける事が出来ません。その理由は宇宙からのダイレクトの波動が強いというか、そのエネルギーも個を超えている領域からなので、個の意向は反映されない宇宙意識です。なので、とても強力。

結局、時代的にも地球人としての人が先で、地球に根をしっかりと下して宇宙意識を降ろすという事を求められているので、普段使用の石である場合は、ラピスラズリではない方が無難なのだと思います。

でも思いっきり宇宙意識に飛ぶぞ!というのであればラピスラズリは適しています。

以上を参考にして頂けたら・・・と思います。
| Jewelry唐々創 | 2012/11/26 11:01 PM |
「ラピスラズリラズリ」という間違いがしつこいくらいに繰り返されるので、気になって、内容が頭に入ってきませんでした。
| るり | 2013/08/11 6:30 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://stones.karakaraso.com/trackback/431177
トラックバック