<< クリソプレーズ(Chrysoprase) | main | アズライトマラカイト(Azurmalachite)  >>
アズライト(Azulite)
和名: 藍銅石 アズライト
Azurite
ヒーリング・ヒーリングストーン・パワー・エネルギー・意味
石のエネルギー: 宇宙意識の石
アズライトは古くから様々な宗教儀式で多用されて来た歴史のある石ですから、今日でも持ち主のSplitualityを目覚めさせ意識をより高めてくれる石だと言われています。

アズライトとは
アズライトの語源は青を表す「アズール」から由来。銅鉱から産出し、マラカイトと成分がほとんど同じ。
古来エジプト・マヤ文明の頃よりラピスラズリと同じく神聖視されアズライトは宗教儀式で多様されてきました。
アズライトの鮮やかな群青色は日本画の顔料となる。

伝承・効能
アズライトは常にクリアな意識と集中力を維持させてくれる石。その結果、ストレスや悩みを抱え込まないようになっていく。
アズライトには身体的に溜まった疲れ・解毒を促すなどといわれています。

神秘な性質
ヒーリングやセラピストなど、石と共鳴しやすい敏感な人が使用する事によって初めてアズライトは内に秘めた力を発揮し易くなります。
第3の目のChakura(チャクラ)を活性化し、宇宙意識と繋がりやすくなる。
占星術的には土星のエネルギーと共鳴。

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

ジュエリー唐々創的コメント
July 28, 2010
先日、友人が沢山の石を持って訪ねて来ました。 この友人はとてもアズライトが好きだという事で、石のコレクションもアズライトが殆どでした。 大人のこぶし大の石から小指の先くらいの大きさの石まで様々でした。 その中で雰囲気が違う石が3つほど・・・。 「スギライト」と「クリソプレーズ」と「ラリマー」です。 確かにアズライトの濃紺の中にあって「紫」「グリーン」「緑がかった水色」をしている石たちは目立つのですが、エネルギー的にも明らかに異なっていました。 アズライトは宇宙に直結しているような強さの石ですが、この状況にあると3個のカラフルな石たちはまさに「優しく癒し系の石」であるのを実感するのです。 当の本人は無自覚でこの3個の異色な石を所有していたらしいですが、本人の無意識の働きを垣間見たような気がしました。 「強い石」ばかりだとその強力なエネルギー作用に火傷しそうになるので、ちゃんと緩和剤としての優しい石を身近に置いていたのです。
石が大好きな人らしく、所有している石は全て静かにエネルギーを放ち続けていました。 石とコミュニケート出来ている人だからコソ、無自覚でバランス良く石を集める事が出来ているのだと・・・感心してしまいました。
 
そして最後に・・・。
 
本日は最後まで読んで下さってありがとうございました。
何かしらお役に立てた様であれば、下のバナーをクリックして頂けます様、何卒ご協力よろしくお願いいたします。
 
| ”あ行”ではじまる石 | 11:10 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://stones.karakaraso.com/trackback/430049
トラックバック