<< 唐々創的コメント: アイス・クオーツ(Ice Quartz)  | main | 唐々創的コメント: ムーンストーン(Moonstone)   >>
唐々創的コメント: エレスチャル 
Eleschal

目新しい水晶系に刺激を受けてエレスチャルのエネルギーを確認。

巷では「天使の贈り物」など、非常に曖昧な表現が多く目に付く。 
世界的にヒーラーに好まれる石だという話し。

エネルギー的には、結晶の多重構造と同じでちょうどキャベツをイメージすると分かり易い。 その各層の内側へ意識が向かうにしたがって、自分の魂の核(コア)とアクセス可能となる。 生まれて来る際の「魂の目的」を思い出させてくれる石。 
この石の場合、多重構造である事がミソなので、持ち主の意識のフォーカスのレベルによって感情のヒーリング・レベルで終る場合もあし、仕事の進め方的な極めて実務的な日常の事への指針かも知れない。 どこまでも本人の意識の向け方。 「魂の目的」と言うと”何か壮大な事”を予感させる響きがあるが、偉業や突拍子もない事というのでは無く、忘れていた極めて常識的な事を気づかせてくれる場合が多い。 「魂の目的」という場合、忘れてはいけないのは「魂の浄化」もセットになるので、なかなかハードな場合もある。

また一方でまったく別の働きがある。 自分の周りにある種の結界・バリヤーを張る事が出来る。 

その際のやり方は:
 .侫ーリングの合うエレスチャルを入手。
◆.┘譽好船礇襪縫侫ーカスする。 エレスチャルの多重構造を意識。
 エレスチャルの中心に自分が居るイメージを持つ。

Eleschal2
| 唐々創的コメント一覧 | 19:25 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://stones.karakaraso.com/trackback/1204537
トラックバック