アンティーク・ジュエリーの取り扱いについて
アンティーク・ジュエリーは時代を感じさせる独特の雰囲気があります。 

ただアンティーク・ジュエリーの入手と入手後の取り扱いにはいくつかの注意点があります。



入手の際

 .▲鵐謄ークの名目で近年に製作されているジュエリーを多く見受けます。 信用の置けるお店から入手される事をオススメします。

◆々愼に際しては、その後のアフターサービスの保障がいつまで有効かを事前にちんと確認される事をオススメします。(特に時計は要注意です。) アクセサリー(リング・イヤリング・ネックレス・ブレス)類は後からの修理がデザイン上不可能な場合がありますので、購入前によく確認してから決めて下さい。

 特にダイヤなど硬度の高い石(硬い石)が留めてあるアクセサリーは年代を経ているうちに周囲の地金を削ってしまっている場合があります。購入後、あまり身に付けていないのに石が外れてしまったという事故がない様に注意して下さい。


入手後の取り扱い

 々愼後は先ずは「浄化」される事をオススメします。 生前の持ち主の意識が残っている場合がありますので・・・念のため。(たとえどんなに素敵でも基本的に重たい感じのするアクセサリーを購入する事はオススメ出来ません。)

◆.▲鵐謄ークのデザインはとても繊細なモノが多いです。その上、年代を経ているので当時の細工の如何によっては石が外れたり、地金の部分が切れたり・・・と思わぬトラブルが起きます。 あまり日常使いにするのではなく取り扱いには十分に注意をして下さい。
 
 
そして最後に・・・。
 
本日は最後まで読んで下さってありがとうございました。
何かしらお役に立てた様であれば、下のバナーをクリックして頂けます様、何卒ご協力よろしくお願いいたします。
 





 
| アンティーク・ジュエリー | 14:32 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/1PAGES |