唐々創的コメント一覧
(注)「唐々創的コメント」は独断的に気が付いた出来事が起きた時点で順次
追記・修正していきます。

唐々創的コメント:アクアマリン

唐々創的コメント:オニキス

唐々創的コメント:ファーデン・クオーツ・クリスタル(水晶)
唐々創的コメント:槍水晶(ドリル・クオーツ Drill Quartz)
唐々創的コメント:エレスチャル・クリスタル(水晶)
唐々創的コメント:アイス・クオーツ・クリスタル(水晶)

唐々創的コメント:キャッツ・アイ

唐々創的コメント:琥珀(アンバー)

唐々創的コメント:サファイヤ

唐々創的コメント:セレナイト

唐々創的コメント:トルマリン

唐々創的コメント:ヒスイ

唐々創的コメント:ヘマタイト

唐々創的コメント:ムーンストーン

唐々創的コメント:ローズクオーツ


| 唐々創的コメント一覧 | 12:07 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
唐々創的コメント: ヘマタイト(Hematite)  
ヘマタイトはエネルギー的に微弱ながら磁力を帯びているので体力的に弱っている時などはエネルギー的に強過ぎるので、身に付けない方が良いと思われます。またグランディングとは言え長い瞑想には用いないほうが良いでしょう。
グランディングを目的とするならば、しばらくポケットに入れて身に着けるか、しばらく手で握っているだけでも効果があります。
自分が何となく重たくなってきたと感じた時点が、ヘマタイトとから距離を置く時間の目安です。

May 6 2010
ヘマタイトの微弱な磁力がある種の防御膜になる事を実感しました。 
ある種のエネギー・バンパイヤに特に効果があります。 あるいはエネルギー的に消耗していて人に会うのが億劫に感じられる時に、このヘマタイトの微弱な磁力による乱れが防御膜になる感じです。 そして特に霊媒体質の人
にオススメの石かもしれません。

| 唐々創的コメント一覧 | 12:06 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
唐々創的コメント: オニキス(Onyx) 
オニキスには「マイナスのエネルギーの影響を中和させる働きがある」と一般的には伝えられています。
しかしながら個人的には黒い石の中で「マイナスのエネルギーの影響を中和させる力」が強いのはブラック・トルマリンが一番に思えて仕方ありません。ブラック・トルマリンはエネルギーを跳ね除けるでもなく ただ無害に中和させるので反作用の心配がないので身に付けていても一番安心です。


<As of Apr.15 2010>
数日前から2cmx2cm大のオニキスを乗せる為のリング(指輪)の台座を製作しています。 その中心部に3cts近いブラウン・ダイヤを入れるのですが、かなり大振りなリングです。 そんな訳でここ数日オニキスと向き合っていて感じる事がありました。 オニキスは云われているとおり、持ち主をネガティブなエネルギーから守ってくれる働きがある訳ですが・・・この石はとても控えめであると云う事です。 跳ね除けるというよりも、静かな防御膜を形成して・・・後方で控えている感じです。 控えめだけれども、頼もしい存在感があります。 安定しています。
同時に、身に付ける人物が「自信を持つ」のをサポートしてくれる石です。自信といっても過度に押し出しが強くなるというサポートではなく、その人物の安定感に関係します。石の雰囲気と同じです。
今回はダイヤと一緒になっていますが、一緒の石のエネルギーに影響を与える事無く働いていてくれます。


| 唐々創的コメント一覧 | 22:29 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
唐々創的コメント: キャッツ・アイ(Cat's Eye)  

March.10 2010

最近気が付いたのですが、キャッツ・アイには明らかに2種類の確実なエネルギーが内在しています。

.優ティブなエネルギーを跳ね返す働き仕事でキャッツ・アイを使用したジュエリーの製作依頼を受ける事があります。その場合、大概においてそのお客様の状態が思わしくない状況にある、ある種のバイオリズム的な低迷期と重なっています。 そういう状況下では、必要以上にネガティブなエネルギーをまともに受けてしまう事が多いようです。 そんな時に本人的には無自覚でも、キャッツ・アイを身につける事を本能的に選択されている様子です。 そしてキャッツ・アイをお守りのように身につけて・・・エネルギー状態をクリーンにして・・・再生が始まるのです。

⊂来に向けての見通しを効かせるサポート
これから先、将来的に自分が何をするべきかをインスピレーションを通して語りかけてくれています。 特に明確な目標がなくても、日常的に前向きに今するべき事に集中する手伝いをしてくれている様な・・・。 本人が無自覚でも(ご縁のある)キャッツ・アイの方が先にその人の魂の目的を知っているます。そして、そのゴールを静かに見据えた上で、その人に「今」必要なインスピレーションを与えてくれます。 ある意味、心強いパートナーの様な石です。

 
| 唐々創的コメント一覧 | 21:06 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
唐々創的コメント: セレナイト(Serenite)  

「クリスタルーヒーラーがはじめに自分を浄化するための石」とされているらしいので早々に石を使用してみる。 浄化という表現よりも「Pure(ピュアな状態へとリセットしてくれるのを助けてくれる石」といった方が適切な感じがする。 個人的には卵の黄身の部分にスッポリと入り込む様な感じと、胎児がイメージに入ってくるのです。 そして確かにスッキリと身体の周りのネガティブなモヤモヤ感が消えるのです。

ちなみに上記の目的のために使用するセレナイトは「デザートローズ(砂漠のバラ)」よりもシアー効果の出ているムーンストーンを思わせるセレナイトの使用が適しています。
| 唐々創的コメント一覧 | 14:55 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
唐々創的コメント: ムーンストーン(Moonstone)  
July 7 2009:
先日「石薬」について書かれた本にムーンストーンは呼吸器系疾患に効果があるとありました。 早々にエネルギーを確認してみると、確かに炎症のある部分に(自動的に)速やかにリカバリーのエネルギーが流れます。 とても繊細な卵色をした「龍角散」のようなパウダー状のモノが炎症の起きている患部を覆い、炎症を鎮める働きをする様子です。 
石を左手で持ち、ムーンストーンのエネルギーを患部に送ることをイメージすると、より効果的だと思います。(イメージしなくともムーンストーンが疾患部を見つけて自動的にリカバリーさせるように働き掛けてくれますが、イメージングをする事によって効果が高まります。)

July 21 2009:
精神的な疲労を感じた時の気分転換にムーンストーン特有の柔らかい光の屈折を眺めることをオススメします。
緊張が続いた神経が解されリラックス出来ます。
月光が届く湖底に漂う気分を味わえます。

| 唐々創的コメント一覧 | 14:31 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
唐々創的コメント: エレスチャル 
Eleschal

目新しい水晶系に刺激を受けてエレスチャルのエネルギーを確認。

巷では「天使の贈り物」など、非常に曖昧な表現が多く目に付く。 
世界的にヒーラーに好まれる石だという話し。

エネルギー的には、結晶の多重構造と同じでちょうどキャベツをイメージすると分かり易い。 その各層の内側へ意識が向かうにしたがって、自分の魂の核(コア)とアクセス可能となる。 生まれて来る際の「魂の目的」を思い出させてくれる石。 
この石の場合、多重構造である事がミソなので、持ち主の意識のフォーカスのレベルによって感情のヒーリング・レベルで終る場合もあし、仕事の進め方的な極めて実務的な日常の事への指針かも知れない。 どこまでも本人の意識の向け方。 「魂の目的」と言うと”何か壮大な事”を予感させる響きがあるが、偉業や突拍子もない事というのでは無く、忘れていた極めて常識的な事を気づかせてくれる場合が多い。 「魂の目的」という場合、忘れてはいけないのは「魂の浄化」もセットになるので、なかなかハードな場合もある。

また一方でまったく別の働きがある。 自分の周りにある種の結界・バリヤーを張る事が出来る。 

その際のやり方は:
 .侫ーリングの合うエレスチャルを入手。
◆.┘譽好船礇襪縫侫ーカスする。 エレスチャルの多重構造を意識。
 エレスチャルの中心に自分が居るイメージを持つ。

Eleschal2
| 唐々創的コメント一覧 | 19:25 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
唐々創的コメント: アイス・クオーツ(Ice Quartz) 
IceQrtz

最近よく目にする「アイス・クオーツ」。
(別名:ニルバーナ・クオーツ)

鉄分を含むため赤く錆びた色が特徴的。
氷河でエッチングされているので表面が凸凹しているとの事。
(ヒマラヤのクル渓谷で発見された蝕像水晶であるとの事です。)


エネルギー的には、16世紀にフランスで活躍した闇と灯りの画家といわれたジョルジュ・ド・ラ・トゥールの絵画の中の灯火にとても良く似ている。

deLaTour

現在の自分の立ち位置が不確かになった時に足元を照らしてくれるエネルギー。 そして一歩を踏み出す事によって方向が定まる。 とてもサポーティブな石。
| 唐々創的コメント一覧 | 19:23 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
唐々創的コメント: ファーデン・クリスタル(Furden Quartz) 
Fdn-Qrtz

”ファーデン”とは確かドイツ語で「糸状の・・・」と言うような意味だったと思います。 正確な語学的な意味あいは少々曖昧ですが、この石の有するエネルギーの特徴は「絆を強める」なのであります。
クリスタルの形状の特徴としては大雑把に・・・ほぼ平ら状に成長した結晶の中に上下に綿(ワタ)を細く撚った様なフワフワとした白色の線が認められるものがファーデン・クリスタルと呼ばれています。

昨今の世相では「家族との絆」「親子との絆」「友達との絆」etc.挙げればキリがありませんが、”絆”が希薄になっているのが悲しい事に私達の日常になっています。
確かにクオーツ・クリスタルは地球で一番含有量の多いクオーツですが、その中のファーデンの産出量が増えていると云う事は・・・「”絆”を大切に! ”絆”を強めて下さい。」と言う地球からのメッセージなのです。

「絆」がキーワードです。
そして、もっと深く掘り下げると、自分の魂のルーツ的な絆も明確にする事が出来ます。

「魂のルーツ」というと、とても抽象的ですが自分の属性とでも言いましょうか・・・。
例えば自分は海よりも山にいる方が落ち着く、自分を取戻せる・・・とか。
西洋の文化よりも南米の文化に惹かれる、あるいは東洋の文化の特定の国の特定の時代の空気に惹かれる・・・とか。 
ある文化の民族音楽の旋律に郷愁を感じてしまう・・・とか。

そうやって断片的に自分で自分の色を発見、確認する作業の助けをしてくれるのです。 断片を集めて部分にして、そして自分の本質に持ち合わせている傾向がハッキリしてくるという感じです。

すべてのモノも突き詰めると素粒子となり、そのほとんどが空である訳です。 その目線で世界を眺めると、それぞれの存在の振動数(波動)が重要になります。 固有の振動数が個々の存在を存在たらしめているわけです。

なので・・・ここで言う傾向とは、実の処この振動数の傾向・類似性をさしています。 そうして類似傾向の振動数を有する仲間を集めることによって、浮かび上がってくる自分、その傾向を知るという訳です。 客観的な自我像とも言えるかも知れません。

ここでもやはり自分の意識の向け方で、浮かび上がってくる断片は様々になってしまうのは仕方がありません。 何事も繰り返すことによって習得できるので、石に馴染めば馴染むほど焦点のあった断片が浮上してくることになります。



| 唐々創的コメント一覧 | 20:44 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
唐々創的コメント: 槍水晶(Drill Quartz) 
DrillQuartz

日本人にはまだ馴染みの薄い「槍水晶」(錐水晶ともいう)。 
英語で「Drill Quartz」または「Wikipedia Quartz」と呼ばれる。
ちょっと薄汚い感じはするが、その苔色の含有物のせいか、とても植物的なリアルな感じのする水晶。

水晶の本によると以下のとおり:
針の様な結晶は膨らみをもちながら、先端へいくほど錐のように細くなっている。ウニや栗のイガを思わせる。
槍水晶特有の苔むした感じは、クローライト(緑泥石)を内包するため。
ネパール(ガネーシュ地方)とブラジルの一部など極めて少ない産出場所。
とあった。

エネルギー的な部分をみてみると・・・

アボリジニの画家(故)エミリー・ウングワレーが表現していた絵画世界感と似ている。 
EmilyUngury
地球原初の混沌としたエネルギー。
(現在ではタスマニアなどの一部の原生林に渦巻くエネルギー) 
生命が発生する(生まれる)前の生命のスープ的混沌。 
とても強力な優れたエーテル・バイタライザー。 これも暗緑色の内包物のクローライトによってエネルギー振動数が高められた影響。
同様に優れたヒーリング力がある。 場の浄化力も強力。
| 唐々創的コメント一覧 | 19:20 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/2PAGES | >>