ルビー (Ruby)
和名: 赤玉 ルビー 
RubyDecopjBlgヒーリング・ヒーリングストーン・パワー・エネルギー・意味

石のエネルギー: 炎の石
ルビーの燃え立つような赤い色から、古くより「炎」や「血」を象徴する石とされています。ルビーから放たれているパワフルな真っ赤なエネルギーは、基本的に身につけている人の血液に作用するので元気になります。
ルビーの赤色は情熱と自由を意味するといわれ、身体の奥底からパワーがわきおこってヤル気がどんどんでてきます。しかし、身につけた人の目的意識がハッキリしていない場合、その力が十分に発揮される事はありません。さらなるビジネスの発展・恋の成就など目的意識を明確にしてルビーを身につけると前進する心強いサポートが得られます。

宝石言葉: 情熱・威厳・勇気

誕生石: 7月の誕生石



ルビーとは 
ルビーはサファイアと同じコランダムの一種(酸化アルミニウムによって唯一赤く発色)。
ラテン語の「赤」を意味するruber・ルベウスが語源。
主な産地はミャンマー・タイ・インド・カンボジアなど。
ルビーが採掘された歴史は古く石器時代にまで遡ります。(現在のミャンマーの鉱山に採掘跡)
古代インドのサンスクリット語ではルビーは「ratnaraj・ラトナラジュ」=“宝石の王”と呼ばれました。その後、インドからヨーロッパに伝わりました。聖書の中には「叡智はルビーよりも貴重である」と記述があります。
古くから多くの国でルビーを身に着ける事は、健康・富・知恵・恋の成就をもたらすとされてきました。
ペルシャでは狂気を治し、邪悪な考えを防ぐとされていました。
インドでは蛇の毒に強く、血の病を治すと考えられていました。
古代エジプトでは情熱を高め、美しさを増し、優雅さと気品を象徴する石であるとされていました。
ビルマ(現ミャンマー)では戦場の怪我の予防のために皮膚の下にルビーなどの赤い石を埋め込んだと伝えられています。
ルビーは季節で夏を表す宝石とされています。
赤系統の色から「火」や「血」を象徴する石とされます。
同じ赤でも「pigeon’s bloodピジョンブラッド」(鳩の血)と呼ばれるルピーが最高級品質。
フランスでは同じクラスの品質を「牡牛の血」と表現します。
ルビーの色から血に関する病に効くとされ、古くから血止め・炎症性の疾患に使用されてきました。
19世紀初頭まで赤い石(ガーネット・スピネルetc.)のほとんどがルビーと呼ばれていました。
最近になって、英国王室の王冠にセットされている170カラットの「黒太子のルビー」と呼ばれている赤い石がレッド・スピネルである事が判明しました。

伝承・効能
  • 戦場での敵を打ち破る護符。
  • 粉にしたルビーを水と混ぜて止血剤として使用。
  • 消炎作用。
  • ルビーを身につけて恋の成就。
  • ルビーを身につけた人に危険が迫ると、ルビーの色が変化して危険を知らせる。
などと言い伝えられています。

パワーストーンとして身に付ける
ルビーのエネルギーはかなり強力で強烈です。ルビーをパワーストーンとして身に付ける場合、K18やK20などの金、ホワイトゴールドそしてプラチナでお作りになられる事をお勧めします。ルビーのエネルギーもダイヤモンドと同様に潜在意識へ働きかけるのではなく、顕在意識である現実を動かす為にルビーを身に着けられる事をお勧めします。現実に作用させるのに十分すぎる程の力を持ったパワーストーンの一つです。


神秘な性質
宇宙意識の「清めの炎」の象徴。不動明王(シバ神)。
基本的には小さな自我から「自我を超えた“すべては一つ・Oness”」への気付きを情熱的に促進させます。 しかしながら、ここでもルビーの質と大きさと持ち主の意識レベルのバランスが大きく作用します。
ダイヤモンドと同じく身につける人の意識レベルが我欲に囚われていると、破壊的な作用を及ぼします。
“情熱”=“何かを達成させたい原動力”もその動機によっては ただの自己中心的で暴力的な破壊力以外の何モノでもなくなってしまいます。明確な意識でルビーを身につけると例え自己中心的でバランスを欠いた目的でも達成する際のサポートを得ることは出来ますが、その時に放ったバランスを欠いたマイナスな想念が最終的に自分に対して破壊力を伴って帰ってくることを忘れてはいけません。
明確な意図・目的を成就させるためにルビーを身につける場合は、動機の公平性を忘れない事が大切です。

ハートのChakura(チャクラ)を直接活性化。

占星術的には土星と火星のエネルギーに共鳴。
二次的に冥王星のエネルギーと共鳴。



★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

ジュエリー唐々創的コメント
コメント 
「パッション」「情熱」を凝縮した石である事は間違いないですね。
血液に直接的に働き掛けるので興奮状態にあると感じた時はルビーを身につけない方が賢明です。(”やり過ぎ”・”行き過ぎ”になります)
逆に「ここぞ!」という様な勝負処で身につけて事に臨むといつも以上の力が出るでしょう。自分にエネルギー不足を感じた時にも即効性があるのも特徴的です。(何となく元気になっている自分に気がつきます。)
また自分が引っ込み思案な性分であると感じていたり、シャイであると感じている人達が敢えて自分を変える気になった時、一番積極的に働き掛けてくれるのも「ルビー」この石です。(Mar/08)

コメント◆
人のエネルギーに関係しているので、「いまいち調子が悪い」「何となくやる気が出ない」などという時にエネルギーを補充してくれるありがたい石です。左手にリングとして身に着けるか、ネックレスで身に着ける事をオススメします。(Jun4/08)

 
 
そして最後に・・・。
 
本日は最後まで読んで下さってありがとうございました。
何かしらお役に立てた様であれば、下のバナーをクリックして頂けます様、何卒ご協力よろしくお願いいたします。
 

 
| ”ら行”ではじまる石 | 23:22 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
「ら」行ではじまる石
(石の名前をクリックして下さい。)

ラピスラズリ  

ルチルクオーツ  

ルビー  

ローズクオーツ






| ”ら行”ではじまる石 | 18:09 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ローズクオーツ(Rose Quartz) 
和名: 紅水晶 ローズクオーツ 
RoseQuartzRoughStone
ローズクオーツ・ヒーリング・ヒーリングストーン・パワー・エネルギー・意味
石のエネルギー: 愛の石 
ローズクオーツは“愛“の象徴とされる石。
バラ色の優しくソフトな波動を静かに放ち続けています。
ローズ・クオーツを身に付けているだけで全体の印象がソフトで柔らかい雰囲気に変化してしまうので不思議です。寂しい時、悲しい時、感情のバランスを取戻したい時にローズ・クオーツは力を与えてくれます。 
そして周囲にいる人にもローズクオーツのソフトな波動は波及しているので場(空間)の空気をソフトに和ませます。
喘息の症状・腎臓に働きかける力がある石とされています。

宝石言葉: 真実の愛

ローズクオーツとは 
ローズクオーツは石英の薄桃色の結晶。
主な産地はブラジル、チリ、マダガスカルなど。
別名「アフロディーテ(愛と美の女神)の石」と呼ばれています。
稀に”Star”の出る「スター・ローズ・クオーツ」がある。

効能
  • 沈静作用
  • 美肌効果
があるとされています。

神秘な性質
自我を超えた普遍的な愛と美の象徴・エネルギーを放っています。
他の石では強すぎると感じる場合にはローズクオーツの波動が一番ソフトで優しく差し障りなく働きかけます。は全体を沈静化させる向きで働きますが、特に感情面での回復を助けます。
オーラ・ソーマのバランス・ボトルやポマンダー、クイント・エッセンスの全てにこのローズクオーツのエッセンスが含まれています。
healing stoneとしてオーラのバランス化。
胸のChakura(チャクラ)に主に働きかけます。
占星術的には金星のエネルギーに共鳴。

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

ジュエリー唐々創的コメント
とにかく「優しい石」のひと言に尽きます。
落ち込んだ時は気持ちの修復(開いた傷口を優しく包む感じ)を助け、あらゆる感情の激高(悲しみ・怒りetc.)を沈めるのにとてもサポーティブな石です。数ある石の中ではベストだと思います。

自分を悩ます問題が…

頭の中にある場合(頭の中でグルグル回って血が頭に多いと感じる状態):
特にイヤリングやピアスとして身につけると良いです。

問題がハートにある場合(”胸が痛くなる”など症状が胸から下である状態):
ネックレスやペンダント・トップとして身につけるとかなり楽になるでしょう。

特に問題が無くともローズクオーツを身に付けた人の見た目をソフトな感じに演出してくれます。
第一印象が「硬い」とか「怖そうな人」と言われ易い人は意識的にローズクオーツの演出効果を試してみて下さい。いつもと雰囲気が違って「いい感じ!」と言われる事、間違いナシです!!

また自分の感情が異常に高ぶっているかも…なんて感じた時に積極的にはローズクオーツを身につけると知らない内に気分が落ち着いていた…なんて事があります。自分の感情を上手にコントロールするのにローズクオーツそ身につけてみてはいかがでしょうか?

ちなみにオーラ・ソーマのエッセンスには全てローズ・クオーツのエネルギーが入っているそうです。
 
 
そして最後に・・・。
 
本日は最後まで読んで下さってありがとうございました。
何かしらお役に立てた様であれば、下のバナーをクリックして頂けます様、何卒ご協力よろしくお願いいたします。
 
| ”ら行”ではじまる石 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ラピスラズリ(Lapis Lazuli) 
和名: 瑠璃 青金石 ラピスラズリ
LapisRingヒーリング・ヒーリングストーン・パワー・エネルギー・意味

石のエネルギー: 宇宙の原質の石
ラピスラズリは宇宙の原色である藍色の母岩に金色の斑がさざめいています。宇宙の原質の秘密を秘めたエネルギーを静かに放ってます。
ラピスラズリの持ち主の心の曇り、邪念、嫉妬などマイナスのエネルギーを消し去り代わりに洞察力と知性と冷静さを与えるといわれます。
ラピスラズリを身につけていると幸運と成功をもたらす石と言われています。

宝石言葉: 真実・高貴・無垢

誕生石: 12月の誕生石

ラピスラズリとは
青い石のラズライト(藍方石)の一部。
主な産地は、アフガニスタン、チリ、ロシアなど。
ラピスラズリの語源は、ラテン語の「lapis・石」とアラピア語の「azul・青」に由来。
古代よりメソポタミア、エジプト、ペルシャ、ギリシャ、ローマ、日本など多くの国々でラピスラズリラズリは聖なる石とされてきた。
古代エジプトではマラカイトと並んで邪眼を防ぐアイシャドー(実際眼病予防・虫除け)として使用されている。
ファラオや司祭だけが身に付ける事が許された聖石。
主神オシリスに奉げられた石。
ラピスラズリはエジプト”死者の書”に死者の旅路を守る最強の石と記されています。
眼の形にラピスラズリを切り抜き、黄金で縁取った「ラーの眼」は最強の護符。
古代都市ウルでもラピスラズリの交易が盛んに行われ、「天空と水を象徴する石」として崇めていたといわれます。
モーゼの十戒もラピスラズリであったと伝えられています。
ヨーロッパにラピスラズリがもたらされた時、人々は「ウルトラマリン」と呼びました。絵の具のウルトラマリンは、長い間、黄金と同じ価格で売買されていたと言います。
愛の女神ヴィーナスに奉げられた石。
古代ローマでは恋人を守る石として、また媚薬として用いられました。
仏教では極楽浄土を飾る七宝石のうちの1つとされています。
日本にはシルクロードを経てもたらされたと考えられています。
日本では「瑠璃」と呼び東洋七宝の1つとされています。
魔除けの石として、空海の護符となっています。
ラピスラズリは群青色として顔料や岩絵の具に使われています。
薬としても古くから使われて、オデキ、便秘、憂鬱を治し、皮膚病、眼病、癲癇の特効薬とされています。
老化を防ぎ、肌を美しくする効果があるとも言われています。
悪霊のとりついた体から、悪霊を追い出してくれると信じられています。

伝承・効能
古来より石薬に使用されてきた石。
  • オデキ、便秘、憂鬱を治癒。
  • 皮膚病、眼病、癲癇の特効薬。
  • ラピスラズリの原石から放たれるオーラが肌を美しく保ってくれると言う。
  • 知性を高める石。
  • 色のセンスを良くする石。
  • 悪霊退散。
などと言い伝えられています。

神秘な性質
ラピスラズリはアトランティスの礎石の1つだったと言われます。
求める人に奇跡をもたらす石と言われています。
ラピスラズリは全ての人の内に存在する普遍的な愛を刺激し、美を表現するように働きかけます。目覚め始めた魂と肉体が調和・統合されるのをラピスラズリは助けます。個として完成・自立されるに従って、個を超えた豊かさを形つくる能力へ持ち主を導きます。
Healing Stoneとして、甲状腺を刺激し血行と新陳代謝を高めます。
第3の眼・クラウンChakura(チャクラ)を活性化。
Atlantisのエネルギーと共鳴。
占星術的には金星のエネルギーと共鳴。
 
 
そして最後に・・・。
 
本日は最後まで読んで下さってありがとうございました。
何かしらお役に立てた様であれば、下のバナーをクリックして頂けます様、何卒ご協力よろしくお願いいたします。
 
| ”ら行”ではじまる石 | 12:00 | comments(7) | trackbacks(0) | pookmark |
ルチル・クオ-ツ(Rutile Quatz) 
和名: 針水晶 ルチル・クオーツ 
RutilQuartz
ヒーリング・ヒーリングストーン・パワー・エネルギー・意味

石のエネルギー: インスピレーションの石
ルチルクオーツの中の針状の内包物はそのまま持ち主のインスピレーションに働きかける媒体の役割を果たします。集中力を高めたい時にルチルクオーツを見つめると、自然と感覚が研ぎ澄まされます。その他にはルチルクオーツを身につけると気管支炎に効き、また老化を遅らせる効果があるともされています。

ルチルクオーツとは
透明な水晶(石英)の中に針状の内包物を有している石。
「ルチル」とはラテン語でrutilus「輝いている」という意味。
ルチルクオーツの広く棒状の内包物をビーナスヘア・ストーンと呼ぶ。
ビーナスの髪・愛の矢を象徴する石。
主な産地はブラジル。

伝承・効能
ルチルクオーツには集中力を高め研ぎ澄ませる働きがあるとされています。

神秘な性質
ルチルクオーツの内包物により一層磁気的に働きかける力が強く、ヒーリングストーンとしても治療効果が高い石です。
また内包物が稀に十字架や三角形などのさまざまなシンボルを描いているものは付加されたエネルギーを放っています。
磁気的なエネルギーが細胞の活性化を促します。
Chakura(チャクラ)全体に働きかけます。

 
そして最後に・・・。
 
本日は最後まで読んで下さってありがとうございました。
の何かしらお役に立てた様であれば、下のバナーをクリックして頂ける様、何卒よろしくお願いいたします。
 
| ”ら行”ではじまる石 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/1PAGES |